喜劇なのか悲劇なのか、勤労感謝の日(防大バージョン)

いつもお仕事お疲れ様です。勤勉なあなたは毎年11月23日の勤労感謝の日に、御家族から慰労してもらっていることでしょう。防大にも、清掃やパシリとして働く1年生の日頃の働きに感謝するイベントがありました。今はもうなくなっているのでしょうね、多分。

「1年生の日頃の働きに感謝する」って言われても

それは、11月下旬のある日のことでした。いつも通り朝の点呼後に、自分の清掃担当の場所へ駆けて行くと、いつも監督係の2年生がいるはずの場所に4年生がいるではありませんか。頭の中は「?」と共に危険信号が点滅しました。

その瞬間、館内放送で3年生の声が…

「1学年諸君、いつも御苦労さまである。本日は君たちの日頃の勤労に感謝して、1年生と4年生の役割を入れ替えてさしあげよう。さぁ目の前にいる4年生に掃除道具を差し出し、清掃を始めさせなさい。尚、本日消灯までの間は君たちは4年生として振舞って欲しい、つまり敬礼する側ではなく、される側になるということである、1日を楽しんで欲しい。」

やはり頭はポカ~んとしたままでしたが、4年生に掃除道具を渡して掃除をやってしまわなければ、朝飯抜きになってしまいます。納得できないまま、かりそめの4年生としての1日が始まりました。

「日頃の働きに感謝して、4年生として振舞って良い」と言われても、ねぇ。清掃出来てないってやり直しさせるわけにもいきませんし、敬礼の手の角度やタイミングを注意するわけにもいきません。後々のことを考えると、悪い予感しかしないのです。

上級生は何だか楽しそうなのです

そんな私たちの心の中は、きっと全てお見通しなのでしょう。4年生はみんな楽しそうなのです。4年生だけではありません、2年生も3年生も上級生は皆、1年生を4年生扱いして敬礼したり、敬語を使ったりすることを楽しんでいるのです。

頼みもしないジュースを勝手に買ってきてくれたり。靴をピカピカに磨いてくれたりもするのです。もう、怖い怖い。

1年生の方も気は抜けません。いつもの習慣で、先に敬礼したり敬語を使ったりすると、4年生は「せっかくの遊びが台無しになるだろ!ちゃんと役割をこなせ!」って真顔になっちゃったりするのです。いやいや、1年生は楽しくないし、そもそも4年生扱いなんて望んでもいないです。

このままで終わるはずもなく

ごみである1年生が神様である4年生のフリしたって、疲れるだけです。どうにかこうにか1日が終わり、明日からまた慣れ親しんだ1年生としての生活に戻れることにホッとした消灯の直後。またもや、3年生の声がスピーカーから流れてくるではありませんか

「1学年諸君、本日はいかがであったであろうか。存分に楽しめたことと思う。我々も楽しませてもらった。さて、本日のお礼といっては何だが、そのままの格好で構わないので廊下に出てきて欲しい、以上」

「マジか?消灯したら終わりちゃうんか?廊下に出ろって、マジのやつやん!」と思うのですが、出ないわけにはいきません。覚悟を決めて廊下に出てみると、既に4年生はもちろん、2年生も3年生も全員、廊下で待ち構えていました。

この勤労感謝の日の夜に行われるお礼、中隊ごとにやることがバラバラでした。私たちの中隊では「まず、全裸になってもらおう。しかる後、中隊を1周すればそれで終了である」と言われ、素っ裸になって2フロア分の廊下を駆け抜けました。

もちろん、おとなしく通してくれるはずもなく。素早く走り抜けられないように、ソファ等で障害物を作ったりして妨害されるのはお約束です。でも私たちはこれで済んで幸せでした。

翌日以降に他中隊の1年生によれば、とても書けないような内容のこともあったと聞かされました。現在は女子学生もいますし、虐待だ何だと大問題になること必至ですので、のどかな時代だったのでしょう。

上級生にとっては喜劇、でも1年生にとっては悲劇でしかない「防大版勤労感謝の日」。この日のことは記憶から消去したいのですが、忘れられません。

では、また

シェアする

スポンサーリンク